アプリケーション・ツール

Visual Studio Codeインストール方法

2019/05/18

私はPHP(ZendFramework, CakePHP)のプログラマーとして長年「PHPエディター」を使用してきましたが、さすがにそろそろエディタを変えたいなと思って調査したところ、「Visual Studio Code」(VSCode)の評判がなかなか良かったのと、Windowsでも、このブログを書いている(手持ちの)Macでも使えるというところに惹かれ導入してみることとしました。

そんなわけで、(主にWindowsマシンへの)インストール方法をご紹介したいと思います。

VS Codeインストール方法

インストール

まずはVSCodeのサイトへ向かいます。


↑ まずはこちらから

使用しているOSに合ったインストールファイルをダウンロードします。
今回はWindows10 64bit版が対象ですので、一番左のWindow版、64bitの、User Installerをクリックしてダウンロード。


↑ 自分の環境にあったインストールファイルをダウンロード

次画面でしばらく待ちます。(1分ぐらい待った)


↑ しばし待ちます

ダウンロードしたファイル。(VSCodeUserSetup-x64-1.33.1.exe)

↑ サイズは47.8MB。

ダブルクリックしてインストール開始。

↑ 次へ進みます

↑ 「同意する」を選択肢、次へ

↑ 次へ進みます

↑ 次へ進みます

↑ 私は「デスクトップ上にアイコンを作成する」にチェックしました

↑ 準備完了ということで、インストールを開始します

↑ しばし待ちます

↑ 完了ボタン押下で完了。実行チェックがデフォルトでついているので。。。

↑ Visual Studio Codeが起動します

↑ 起動すると同時に、自動的にブラウザでこのページが開きました

日本語設定

インストールが完了した直後は英語版表示になっているので、日本語パックをインストールし、日本語化します。

  1. 「拡張機能」アイコンをクリック
  2. 検索窓に「japanese」と入力
  3. 表示された「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」の Install ボタンをクリック

以上、3ステップで日本語化の準備が完了。非常に簡単。

↑ 日本語パックのインストール後はvscodeを再起動するかどうかのポップアップが右下に表示されるので、「Restart」を選択します。再起動後、表示されたときには日本語化されています。

ひとまずここでインストール作業は完了。
設定等は引き続き、このポストへ追加していきたいと思います。

覚えておきたいショートカットキー

個人的なメモも兼ねて、覚えておきたいショートカットキーを書いておきたいと思います。

■対応するカッコにジャンプする(PHPの場合?)
 Ctrl+Shift + (右上の)\

↑キーボード右上の「¥」記号を利用します。

■指定行へジャンプする
 Ctrl+G

■PowerShell(Windows), ターミナル(Mac) 起動
 Win : Ctrl+@
 Mac : Ctrl+Shift+@

-アプリケーション・ツール
-, ,