Windows コンピュータ・ハード

Windows10のスタートボタンが効かなくなった場合にWindows Updateする方法

突然、Windows10のスタートボタンをクリックしても、キーボードのWindowsキーを押しても、パネルが開かなくなりました。

ネットで検索しても本仕様発売前の評価版での場合がほとんどで、コマンドプロンプトを利用した対策法など、いくつか試しましたが現状、まだ直っていません。

で、やはり簡単に直すにはWindows Updateだろうということでアップデートしようとしたのですが、Windows7までだとコントロールパネルにあったはずのWindows Updateが見つからず。

そう頻繁に陥るのかどうかは分かりませんが、スタートパネルが開かない場合にWindows Updateする方法を備忘録としてポストします。

Windows10のWindows Update

一路、コントロールパネルへ

そもそもWindows10の場合は、[スタート] → [設定] → [更新とセキュリティ]と進むのですが、スタートパネルが開かないので出来ません。

では、Windows7以前ではコントロールパネルにWindows Updateの項目があったのでそこから行こうと思ったのですが、ここでコントロールパネルへどうやって行くのかも結構悩みました。

答えを書くとこのように、スタートボタンを右クリックすると幸せになれるようです。

right_click

↑ 右クリックから[コントロールパネル]へ。

control_panel

↑ 辛うじて開きましたが…。

えー、Windows Updateの項目がございません。マジかよ。

通知パネルから行けるぞ

設定パネルを開くにはスタートボタンからしか行けない、って事は無いだろうとデスクトップやらを調べた結果、通知パネルから行けることを発見。個人的には盲点でした。

start_button2

↑ 右下の方のフキダシをクリック

tuuchi_panel

↑ 画面右からスライドしてくるパネルがあるので、下部の[すべての設定]をクリック

windows_update

↑ ようやく[更新とセキュリティ]を含む設定パネルを開くことが出来ました。

Windows Updateをしましたが、スタートボタンからのパネルが開かない不具合はこの記事を書いている時点でも直らず。
PCの初期化かなぁ(苦ではない)。

-Windows, コンピュータ・ハード
-, , , ,