Eyecatch Drifters 03

マンガ・アニメ・映画

平野耕太|ドリフターズ 3巻

2013/05/13

ワンパンマンと同時に買ったもう一冊、3月中旬に出ていましたヒラコー氏の「ドリフターズ」3巻。
歴史上のに登場する方々が中世ファンタジーのような謎の世界で「漂流者(ドリフ)」と「廃棄物(エンズ)」という勢力に分かれ戦うというこの作品、今回も充実した1冊でした。

ドリフターズ3巻表紙

表紙は那須与一。男ですw

内容はというと、まずは、島津豊久 VS ジャンヌ・ダルク
飛び蹴りと頭突きが炸裂!

頭突き

オッパイーヌが所属する機関「十月」の長、安倍晴明が登場。

安倍晴明

そして遂に火薬が完成!

爆発!

火薬がない世界でいきなりこれはビビリますよね。

「音と光 衝撃と畏怖 恐慌!!」というのも頷けます。

本質

そしてドワーフの開放。このセリフが格好いい!

かっこいいセリフ

しっかしこの島津豊久って人。全然人の話を聞かないって凄いな
信長さんのストレスもマックスですよw

ストレスマッハ

鉄砲・銃と信長が遂に。

銃と信長

と、中盤ぐらいまで「漂流者」の話でしたが、中盤からは「廃棄物」の行動が明らかに。

「統一宗教」「原始農耕」「共通文字」、そして生あるものならなんでも複製、そしてどんな重症も治癒する能力。
黒王、凄いっすね。

黒王

手にある、何かに刺されたような傷、そして言い回し。
まさかこの人・・・。いいの?大丈夫なの??

と、いう感じでまだまだ先が長そうで、楽しみである「ドリフターズ」。
これは絶対に読まないと勿体無い類の作品なので、まだ読んでいないって方は、(まだ3巻なので)ぜひとも読んでみてください!

ちなみに現在連載されているマンガの中で toogie が個人的に気に入ってる作品はといえば、「ドリフターズ」以外に、

「信長のシェフ」
「SmorkingGun 民間科捜研調」
「ライスショルダー」

を挙げてみます。

ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス)

平野 耕太

価格 : 617円

     

-マンガ・アニメ・映画
-, , ,